i
1/6

「美しい経験-The Beautiful Experience-」

  渡邉野子展

  2020年

  10月11日(日)ー11月15日(日)

はじめに

 新型コロナウイルスの影響で不幸にもお亡くなりになられた方や、そのご家族の方に心よりお悔やみを申し上げます。また、この感染症対策のために、日々努められているすべての方に敬意と感謝を表します。

 

コンセプト

 近作のコンセプトの一つは「対比における共存」です。それは「相容れないものが出会う一瞬間を絵画の美しい状態として表すこと」です。異なるものの対立は人生で絶え間なく起こります。それを軋轢や不調和として見るのではなく、「互いが輝くためのもっともインタラクティブでアクティブな瞬間としたい」と私は考えています。わからないものとの突然の出会いは、新しい世界に向き合い変容する自分との出会いであると考えています。

   新型コロナウィルスと共にある日常は、「自由であること」について再考する日々となりました。行動を見直し、他者との距離を探り続け、多くの人と対応について考える中で感じたことは「皆、考えていることや、大切にしていることが違う」という気づきであり、終わりの見えない状況に対処し続けていく方法を考えなければならないという漠然とした不安でした。先の見えない、正解のわからない状況の中を手探りで進むにあたり、全体と個の双方への配慮が最大限になされるように努める中で、ともすれば「自分が存在すること」を見失ってしまいそうになる戸惑いが湧き上がってきました。他者や全体への熟慮を持続的に寛容性をもって成すためには、同時に「自分が大切にしたいものは何なのか」という自己との正直な対話や、自分のニーズを受け止めることが必要であり、「自分が大切にしたいものによって、自分が成立すること」が、肯定的に生きるための希望となると、強く思うようになりました。

 その人をかたちづくる「大切なもの」。それは、その人にとって美しいものです。「美しい経験」の共有は、他者に大きな気づきをもたらしてくれると考えています。「美しいものが他者との関わりを豊にしてくれること」を、今だからこそ確かめたいという思いがこの展覧会の根底に流れています。直接的に会えないことが多いこの時期だからこそ、なんらかの方法を通して、互いの美意識に触れることの大切さを実感したいと考えています。

 「私の絵はわからない絵画です。絵画は理解するものでなく、経験し感じること。観る人が自らのクリエイティビティと可能性を発見するための選択肢に満ちた場にしたい。」

 「絵画にしか存在しない線と色」をつくり、「官能性を働かせて観ること」を提示したいと考えています。目に見えない、自分自身でさえも気づいていない内在する偏見や、既存の価値観、さまざまな呪縛から個々が自己を解放し、新しいフレームで、自分自身にとって本当に必要な価値に気づくことにより、社会が動き始めると考えています。

 今回の展示に向けた制作プロセスをSNSで発信しました。絵の完成までに何が起こっているのかをご覧いただくことで、絵画を見る楽しみが増え、より身近に感じていただけるのではないかと考えました。

  もっとも自由な方法で世界を観ることができるアイデアに溢れたもの、それが絵画であると信じています。 本展が、アートを通じた開かれた対話の場になることを心から願っています。

2020年10月11日

渡邉  野子 (画家・美術家) 

 

 今回の展覧会に向けて制作中の作品画像を、フェイスブックとツイッターで観ていただくプロジェクトを実施しました。今回初めてのこの試みは、制作時の前後に写真を撮り、毎回3つのコメントとともに、SNSにアップをするというものです。これまでに多くの方から「どのように描いているの?」「どこから始まりどこから終わるの」などの興味深い質問をたくさんいただいていましたので、絵の前に立つ人が、絵との対話を深めるためのきっかけになればと考えました。絵の完成までに何が起こっているのかをご覧いただくことで、絵画を観る楽しみが増えたり、より身近に感じていただければ嬉しいです。SNSやこのチラシで制作過程をご覧くださった皆さんと、お話できるのを楽しみにしています。

(作家)。

 
 
Gallery G-77, Naoko Watanabe, 渡邉 野子 abstract painting, 抽象画

私の制作テーマのひとつは、絵画における「線の表す領域」によって、観察者が自身の身体、時間、空間のふくらみなど、不可視のものの在り様を知覚することです。画面上で線はそれぞれに役割を与えられ、時系列的な層でなく、お互いが交差し絡み合いながら全体としてひとつの連続した状態を生み出しています。絵画が示すもの、それは何かが崩れる前の一瞬間や未完の絵画の歴史です。そして、振動するのは崩れゆく事物や移ろう時間ではなく自身の身体であり、不安定な私達の身体を前にして、絵画は「ここ」と「いま」を提示しながら私達に触れています。世界のすべてが変化しても変わらないものを絵画のなかに表現することが私の関心事のひとつです。