矢作理彩子

根源的で原始的な美しさを探して

もの自身が本来の場所から切り取られ、また一片のかけらとなっても、そのものを介して伝えられる記憶を感じられた時。 そしてそのもの自身が単純で記号化されたものであっても、記号の意味さえ 読取れないほどに羅列された時。 そのような時に、もの自身は本来の目的からかけ離れ、一つの対象物となり 根源的な何かを投げかけて来る。形作ることで外郭を作り、想いを密度とし、 純粋で根源的な作品へと融和したい。

作品
Button

Buddha of Light 2020 glass φ160mm x h160mm(each)

Dreamy Silk Drifting in Glass 2019 laminating, polish glass, silk, glue, inks

Dreamy Silk Drifting in Glass 2019 laminating, polish glass, silk, glue, inks

Fragment of Light 2018 fusing glass, casting glass glass, copper foil, silver leaf 28 cm diameter

Grove of Light

Light of Border 2015 glass H620 W300 D60 mm

Column of Light 2010 glass

Piece of Time 2010 glass