象徴的な黒のディテールから浮かび上がる光線は、原始の時代に浮かぶ 月の明かりを連想する。 北義昭のテーマは、原始の追求にある。 動物の皮膚や世界各地の子供のポートレートは、現代で暴くことのできない原子の記憶を写し出している。 その掘り起こされたビジョンには、恐竜の存在や文明に捕らわれない人類の系譜を見出し、光の原子化に成功したと言ってもいいだろう。 写真の中に存在する確かな生命は、拭い去ることの出来ない我々の起源に他ならない。

Snap
"Henoko"Okinawa
Bread & Puppet
​Bread & Puppet - Railway Sleepers
Bread & Puppet-Dance
Tsunami - Fukushima
From Myself to Myself - Hiroko Tsuchida
Primal Momento - Ruins
Primal Momento - Landscape
Primal Momento - Animals
Primal Momento - Eyes
Show More

 

ギャラリーコレクション

2019年6月

 

 

 

"From Myself to Myself" 土田 泰子、北 義昭

2015年4月17日〜5月24日

 

 

場所 :

 

〒 604-0086

京都府京都市中京区中之町73-3

最寄りの地下鉄駅は丸太町駅の2番出口です

 

グーグルマップ

営業時間:

水曜日〜土曜日

14:30 - 19:00

日曜日-現在の展覧会の期間中にオープン

​14:30 - 19:00

月曜日、火曜日-休業

連絡先:

  • Instagram
  • Facebook
  • YouTube

 © 2020 Gallery G-77